So-net無料ブログ作成

地金を鍛える [制作技術]


写真は指輪を作るために
地金(じがね)のイエローゴールドを
叩いて鍛えているところです。

何度かこの工房通信でもご説明したように
弊店では主に、叩いて鍛えた地金を使う
「鍛造方式(たんぞうほうしき)」で
ジュエリーを制作しております。


手元をアップにしてみました。
このように、貴金属は叩いて圧力を加えることで
金属の内部の隙間がなくなり
結晶粒が微細化し
強さを増していきます。
「日本刀」の製造方法と同じです。

何度もトントン、トントンと叩きながら
成型していきます。
こうしていくうちに、金属は強くなると同時に
「靭性(じんせい)」と呼ばれる、ねばり強さを持ち始めます。
こうして細く繊細な爪でも、
宝石をしっかり留めることのできる
強い金属が生まれます。

今日ご紹介している写真は指輪ですが
明日は、鍛造で作られた貴金属ならではの
具体的な使用例について
ご説明させていただきます。

■オーダーメイドジュエリー・結婚指輪・リフォーム■
       ジュエリークラフトショップ

福岡県北九州市小倉北区魚町3-2-4
     http://www.jewelry-craft.jp/